« 伊東市長 旅館「いな葉」存続意向 (2007/05/25) 静岡新聞 | トップページ | 美しい農山漁村、日仏の識者探る 景観会議 (2007/05/27) 北海道新聞 »

2007/05/28

景観に配慮「麓公園」と「ふもと横丁」が完成...知覧 (2007/05/26) 読売新聞

(記事抹消)http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/046/046_070526.htm

 知覧町郡の中郡地区の商店街の一角に、「麓公園」と「ふもと横丁」が完成した。知覧の歴史景観に配慮した施設で、新しい観光スポットとして注目を集めている。

 麓公園は「知覧武家屋敷群を訪れる観光客らの流れが商店街に向かうように」と国、県、町が総工費5億3600万円をかけて、2002年度から整備に当たっていた。

 公園は広さ0・2ヘクタールで、「特攻の母」と慕われた故鳥浜トメさんゆかりの資料館「ホタル館富屋食堂」裏手の麓川沿い。中央部の瓦ぶきあずま屋1棟を取り囲むように、水路と水車、通路を配置し、松、イヌマキ、梅、サツキ、ツツジなどを植えた。武家屋敷群の料金所そばに木橋を架け、商店街との導線を確保した。麓川には石積み護岸と親水護岸も整備した。町は今後、コンサートなどのイベントを開き、新しい知覧の顔として売り込む。

 また、ふもと横丁は、町内の商工業者らのグループが町有地に建てた木造平屋約125平方メートルの長屋風建築物。テナント4店が入居し、特産の知覧茶や、ハチミツ、卵、お菓子、みそなどを販売している。

 横丁でお茶やハチミツなどを扱う東垂水良世さんは「一度来てもらえれば、きっと気に入っていただける場所です」。画家・竹久夢二のコレクションを東京の専門店から取り寄せ、こだわりの店づくりに取り組む今村和子さんは「薩摩の小京都・知覧で、夢二にちなんだ美しい商品を楽しんでほしい」と話していた。(写真あり)

|

« 伊東市長 旅館「いな葉」存続意向 (2007/05/25) 静岡新聞 | トップページ | 美しい農山漁村、日仏の識者探る 景観会議 (2007/05/27) 北海道新聞 »