« 高知市 新図書館西側を景観形成重点地区に (2014/08/21) 建通新聞 | トップページ | 京都市:景観保全へ実態調査 世界遺産含む61エリア /京都 (2014/08/27) 毎日新聞 »

2014/08/27

菅浦地区:国の重要文化的景観へ 報告会と湖上見学 来月15日、参加募集−−長浜 /滋賀 (2014/08/26) 毎日新聞

http://mainichi.jp/feature/news/20140826ddlk25040484000c.html

琵琶湖北端に位置する長浜市西浅井町の「菅浦地区」が国の重要文化的景観地に選定されることを受け、長浜市と地元自治会、「菅浦『惣村』の会」が合同で9月15日に報告会を開く。これに先立ち、遊覧船で沖から集落の美しい景観を見る湖上見学会も予定されており、共に長浜市が参加者を募集している。

 「菅浦の湖岸集落景観」は、国の文化審議会が6月に重要文化的景観にするよう答申した。まもなく正式に選ばれる予定で、決定すれば全国で44カ所目となる。

 15日の湖上見学は午前10時に管浦港(西浅井町菅浦)に集合し、約1時間、遊覧船に乗る。乗船代は1人1000円。先着20人で事前の申し込みが必要。参加希望者は9月12日までに市文化財保護センター(0749・64・0395)に申し込む。

 報告会は午後2時〜午後4時、同町菅浦580の「つづらお荘」で。現地調査を続けてきた「長浜市文化的景観保存活用委員会」の委員長、金田章裕 (きんだあきひろ)・元人間文化研究機構長や、委員長代理の中島誠一・曳山博物館長らが菅浦の奥深い魅力について語る。無料で参加は当日受け付ける。問い 合わせは市文化財保護センター。

|

« 高知市 新図書館西側を景観形成重点地区に (2014/08/21) 建通新聞 | トップページ | 京都市:景観保全へ実態調査 世界遺産含む61エリア /京都 (2014/08/27) 毎日新聞 »