« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/30

滋賀・草津宿沿いの景観スッキリと 旧東海道、無電柱化を検討 (2014/10/29) 京都新聞

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20141029000024

 国史跡の草津宿本陣など宿場町の面影を残す滋賀県草津市の旧東海道で、無電柱化が検討されている。市は本年度中に住民ワークショップを数回開催し て意見交換し、住民主体の「(仮称)無電柱化検討委員会」の設立を目指す。「景観形成重点地区」の指定を視野に、早ければ2018年度に無電柱化事業着工 にこぎつけたいとしている。

 対象の路線はJR草津駅近くで、旧草津川から立木神社までの約600メートル。現存する本陣で最大級となる草 津宿本陣のほか、東海道と中山道の分岐点を示す追分道標、国登録有形文化財の町家が並ぶが、道路を横断して電線が張り巡らされている。10年に発足した 「草津学区ひと・まちいきいき協議会」でも、旧街道の風情を生かしたまちづくりに向けた無電柱化が提案されていた。

 市景観課は9月末に草 津市民センターで商店主らに無電柱化の説明会を開き、電柱すべてを地中化したり、道路を横切る電線だけを撤去して埋設したりと、さまざまな手法があること を紹介。市条例に基づく景観形成重点地区に指定されると、住民らが設けたルールに沿って景観づくりを進め、市も支援策を展開することを説明した。

 今後、先進地視察などを通して議論を深める。同課は「歴史を感じさせる町並みを目指し、市民自らが景観について考えてほしい」としている。(写真あり)

|

2014/10/29

広げよう景観の美 - 四季彩の庭づくり (2014/10/28) 奈良新聞

http://www.nara-np.co.jp/20141028092258.html

 県内全体を「一つの庭」と見立てて魅力ある庭・景観づくりを目指す県植栽計画(「なら四季彩(しきいろどり)の庭」づくり)で、県は27日、計画をPRするシンボルマークを発表した。

 この日の定例記者会見で荒井正吾知事が説明。「景色が変わっていくのだな、と思っていただけるような、メッセージのあるマークになったのでは」と話した…(写真あり)

|

2014/10/28

15年度に景観計画策定へ 藤枝市 (2014/10/27) 建通新聞

http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/141023100036.html

 藤枝市は、2015年度に景観計画を策定するため、景観に関する調査分析業務を昭和設計(静岡市葵区)に3月末の納期で委託した。今後、現状を踏まえた景観重点地区などを市民アンケートを実施しながら協議調整していく方針。

|

2014/10/23

進む無電中化 景観向上や防災にもメリット (2014/10/22) 財経新聞

http://www.zaikei.co.jp/article/20141022/218990.html

 エッフェル塔の展望台からパリの街並みを見下ろしたことのある人はもしかすると気付いたかもしれない。或いはロンドンのトラファルガー広場を闊歩 したことのある人も同様だ。パリもロンドンも世界有数の都市だが、同じく巨大都市である東京とは大きな違いがある。それは電柱の有無だ。

 日本と違いパリやロンドンでは歴史的に電線は地中に通すやり方であった。またニューヨークも過去に電線に触れて感電死する人が多かったという理由で既に8割以上が地中に埋められている。

 日本では電力や通信データを各家やビルにきちんと送り届けるため、電柱はなくてはならない存在だ。だが実は現在上述した都市のように、少しずつこの電柱を無くしてしまおうという動きが加速している。一体何故なのだろうか。

 無電柱化のメリットとしてまず挙げられるのは景観の向上だ。人工的で無機質な電柱や電線が視界から消えることで、特に歴史的街並みを持つ地域にとっては観光地としての価値が大きく上昇する。

 また、防災の観点からも無電柱化には大きな意味がある。今年宮崎県に大きな被害をもたらした台風8号だが、ある民家の屋根を直接押し潰したのは倒れた電柱であった。電柱が倒れれば当然大規模な停電も発生する。ライフラインを守るためにも無電柱化を推進する意味は大きい。

 その他、道幅が広くなるため救急車や消防車が緊急時に走行しやすくなったり、車イスやベビーカーを利用する人のためのバリアフリー化も進むことになる。

 このようにメリットの多い無電柱化だが、実は大きな問題も存在する。それはなんといっても高コストであることだ。

  通常1kmの距離に電柱を設置する場合、その費用は約2,000万円必要となる。だが、これを地中に埋没させるとなると、なんとその18倍。約3億 5,000万円も費用が掛かってしまうのだ。今後無電柱化を進めるにあたってはこのコストをいかに抑えるかが重要なポイントとなる。

 現在、専門家らによってコストを引き下げるための新たな工法の研究や提案が盛んに行われており、既に一部の民間企業では独自の工法を開発することによって無電柱化を積極的に実現させる動きが活発化している。

  日本に旅行に来た外国人からは、空に張り巡らされた電線の数に驚く声も多く聞こえる。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催される。日本 政府も2,000万人の観光客を呼び込むことを大きな目標としている。残り6年という時間は決して十分とは言えないが、日本が世界中から注目されるその時 までに、東京の空が今より少しでも広くなっていることを願いたい。(写真あり)

|

2014/10/22

関川家住宅など「県遺産」に 景観づくり審が答申 (2014/10/21) 佐賀新聞

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/116828

 佐賀県美しい景観づくり審議会(会長・伊佐淳久留米大経済学部教授、14人)は20日、景観が美しい地区や文化的価値が高い建造物を対象とした 「22世紀に残す佐賀県遺産」に、関川家住宅(杵島郡江北町)、旅館綿屋(唐津市)、町屋カフェぜん(同)の3件を認定するよう古川康知事に答申した。

 関川家住宅は長崎街道の宿場町の面影を残す建物。旅館綿屋は炭鉱主田代政平の別荘として明治時代に建てられ、昭和に入って旅館として開業した。町屋カフェぜんは大正14年建設の質屋店舗兼住宅で、現在は町屋の姿を生かしたカフェとして活用されている。

 この日は会のメンバーが現地を視察後、唐津市内で審議会を開いた。答申に際し、関川家住宅に関しては建物単体ではなく長崎街道の特徴が分かるようなエリア単位でとらえる工夫を、旅館綿屋と町屋カフェぜんは建物の歴史や特性を踏まえた活用を求める意見を付けた。

 県遺産に認定されている田中酒造合資会社(佐賀市蓮池町)は、建物の取り壊しのために認定取り消しが決まった。県遺産は今回の答申を含めると計43件になる。

|

47NEWS > 共同ニュース > 企業カラーの黄色→白に 景観配慮、御殿場市が特大看板改善 (2014/10/20) 47NEWS

http://www.at-s.com/news/detail/1174134167.html

 富士山麓の市町が景観改善の取り組みを進める中、御殿場市で企業が特大看板を改善する動きを始めた。市が4月に施行した総合景観条例と特大看板の改善補助制度を受けた取り組み。市は、景観形成への企業側の理解と改善の輪を広げたいと考えている。

 同市の総合景観条例は、建物と屋外広告物の大きさや色彩の制限を盛り込んだ。施行に合わせ、市は50平方メートルを超える特大看板の改善費用の3分の1(上限20万円)を補助する要綱を県内で初めて設けた。
  こうした中、市が景観整備重点地区に定めている国道138号沿線のビジネスホテル「スーパーホテル御殿場1号館」(同市新橋)は8月下旬、屋上と入り口付 近の特大看板を改善した。商標登録された企業カラーの黄色が条例で定めた彩度の基準を超えていたため、冬の富士山をイメージした白地にした。
 全国107カ所の系列ホテルで、既存の看板を景観改善を理由に改修したのは初。補助額を大きく上回る約300万円を要したというが、担当者は「地域の思いに協力しようと改善に踏み切った」と話す。
  市によると、市内には条例の基準を超えた特大看板が約250件あり、改善に向け数社と交渉中。若林洋平市長は、改善に踏み切った同社に感謝した上で「規制 を押し付けるのではなく、理解してもらうことが大切。官民が連携したイメージアップの取り組みとして、富士山麓全体に広がれば」と期待している。(写真あり)

|

2014/10/21

「景観重視の産業振興計画」 甲府のリニア駅周辺ゾーニング固まる (2014/10/21) 産経ニュース

http://www.sankei.com/region/news/141021/rgn1410210031-n1.html

 甲府市大津町付近にJR東海が設置を予定するリニア中央新幹線中間駅周辺の機能について話し合う産官学代表者らによる第6回山梨県リニア駅周辺整 備検討委員会が20日、甲府市で開かれ、周辺ゾーニング(区画)について産業振興機能を駅東側に置き、駅南側の観光・交流機能を重視する方向を固めた。当 初6案が県から示され、前回の委員会までに2案に絞り込んでいた。今年度中には全体の骨子案をまとめる。

 ゾーニング案としてはA~Fの6 案が示されていた。いずれも約24ヘクタールの面積の中心に駅舎を配置し、周囲にパーク&ライド用駐車場、駅前広場、観光・憩い・交流機能、産業振興機能 を織り込み、観光機能を集約・分散したケース、産業振興機能の位置を変えたケースなど、パターンを変えたゾーニング案だった。このうち前回までに産業振興 機能を駅西側の山梨県工業技術センターに近い駅前に置くB案と、駅東側のアイメッセ山梨北側に配置するF案に絞り込んでいた。

 第6回委員 会では、さらに2案のメリット、デメリットを比較。B案では産業振興機能が工業技術センターに近く、連携が容易だが、駅前景観が損なわれる。F案は産業振 興機能が工業技術センターとの連携に劣るものの、山梨らしい山並み、農村景観の美しさが生かされ、アイメッセとの連携が容易で、F案について委員から異論 はなかった。今後F案を基本にゾーン計画が進められることになる。

 産業振興機能イメージとしては超高齢社会を想定し、「生涯健康寿命のサ イエンスパーク」を基本コンセプトとした。構成する施設のイメージでは健康科学・医療・予防、リハビリの研究センター、医療機器製品研究や医療介護サービ スの研究・開発を支援する機能、教育学習施設、温泉や健康関連施設のインフォメーション機能などが盛り込まれている。

|

2014/10/20

優れた建物“発掘”を 20回目の函館市都市景観賞 市、応募呼び掛け/期間も拡大 (2014/10/17) 北海道新聞

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/569118.html

 都市景観に優れた函館の建物をたたえる「函館市都市景観賞」の公募が、今年で20回目を迎えた。1995年のスタート以来、函館の街を印象づける 多くの建物に賞を贈り、景観づくりに努める団体や個人も表彰してきた。候補の応募は年々減少傾向にあり、主催する市は今回から募集期間を拡大して、優れた 建物の「発掘」を呼びかけている。

 この賞は市内全域が対象で、89~94年の「西部地区歴史的景観賞」を発展させて生まれた。市民の景観意識を高め、景観に配慮した街づくりに役立てる狙い。

 ただ近年は応募数が伸び悩む傾向。市は、これまでの募集期間が6月1~30日の1カ月間のみで、街歩きが盛んになる夏場シーズンに応募ができなかったためとみている。

 そこで市は今回から、募集期間を8月1日~12月26日に拡大し、「まちを歩いていいと思った建物を気軽に寄せてほしい」(まちづくり景観課)と応募を呼び掛けている。

 賞の対象は5年以内に新築、改築を行った建物のほか、良好な景観作りの活動を3年以上続けている団体、個人。自薦、他薦は問わない。問い合わせは同課(電)0138・21・3357へ。(写真あり)

|

2014/10/16

甘楽町長、景観条例制定に意欲 9市町参加「まちづくりサミット」 群馬 (2014/10/16) 産経ニュース

http://www.sankei.com/region/news/141016/rgn1410160033-n1.html

 平成20年11月に施行された「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(通称・歴史まちづくり法)の認定都市が集まる「関東圏歴史まちづくりサミット」が15日、甘楽町白倉の町文化会館で行われた。

  同法は、歴史的価値の高い建造物や街並み、歴史や伝統を反映した人々の生活など良好な市街地の環境(歴史的風致)を維持・向上させ、後世に継承するのが目 的。市町村が策定する歴史的風致維持向上計画を国土交通省や文化庁、農林水産省などが認定すれば、社会資本整備総合交付金などの支援が得られる制度。

 全国では46市町、県内では甘楽町だけが認定されている。

 サミットには同町のほか、長野県松本市▽長野市▽東御市▽下諏訪町▽茨城県桜川市▽水戸市▽埼玉県川越市▽神奈川県小田原市-の9市町が参加。同法の施行から5年が経過したことを踏まえ、「これまでの●みと今後の方向性」をテーマに事例を発表した。

 甘楽町の茂原荘一町長は、小幡城下の歴史的街並みの中を流れる雄川堰の管理・整備などを報告し、今後については「景観条例の制定や伝統的建造物群保存地区の都市計画決定などに取り組みたい」などと述べた。

 サミットは最後に「歴史・文化的な資産を保持・活用したまちづくりの推進に向け相互に刺激し合い、認定都市同士の連携・協力を一層行う」などとする共同宣言を採択した。

●=歩の「、」を取る

|

2014/10/15

東京都、環状第二号線新橋・虎ノ門地区周辺整備計画を決定 (2014/10/15) SUUMO ジャーナル

http://suumo.jp/journal/2014/10/15/71284/?vos=nsuusbsp20111206001

東京都は、新たなビジネス拠点を創出するため、日比谷線新駅の整備や周辺開発を一体的に進めるとした国家戦略特区提案を行い、2014年10月1日 に開催された第1回東京圏国家戦略特別区域会議において、都市計画法の特例を活用した事業として進めていくことを決定。また、「『東京都長期ビジョン(仮 称)』中間報告」において、虎ノ門地区の交通結節機能の強化を政策目標として掲げている。

10月10日には、特定都市再生緊急整備地域 東京都心・臨海地域に関する都市再生緊急整備協議会において、環状第二号線新橋・虎ノ門周辺地区整備計画が決定され、交通結節機能の強化の一環として、東 京メトロ日比谷線霞ケ関駅~神谷町駅間に新駅を整備することなどが位置付けられた。今後、都市計画変更などの必要な手続きが進められていく。(パースあり)

|

2014/10/14

塩釜市:歴史的景観守れ 「海と社の景観審議会」初会合、市が計画諮問 /宮城 (2014/10/11) 毎日新聞

http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20141011ddlk04010291000c.html

 塩釜市で10日、「海と社(やしろ)の景観審議会」の初会合が開かれ、市が景観計画策定を諮問した。

 同市は1993年、中心部の高層建築が塩釜神社などから望む古来の千賀の浦(塩釜湾)の景観を損なうとの議論を契機に、条例で建物の高さなどの届 け出や指導の制度を設けた。しかし実効性に限界があったため2011年4月、景観法に基づく行政事務を県に代わって処理、独自のルールや規制を設けられる 「景観行政団体」に移行し、計画策定に乗り出していた。

 この日、市が示した基本方針では「歴史的、文化的風土の価値を高める景観」などを目標に、(1)神社と港のある中央地区(2)高台住宅地の文化村 地区(3)学校や美術館が集まる文教地区(4)公共施設の多い塩釜駅周辺地区(5)離島の浦戸地区−−を重点に、地区ごとに指針や規制を決める。

 審議会は今年度中に計画原案をまとめ、来年度初めに答申予定。風見正三会長(宮城大教授)は「塩釜は東北で最も美しい景観の港町。未来と震災復興を見据えた計画にしたい」と述べた。

 景観行政団体は、仙台、登米両市に続き、史跡・名所の多い松島、塩釜、多賀城の沿岸3市町が東日本大震災前後に移行している。

 松島町は今年3月に景観計画を策定。町内を7ゾーンに分け、それぞれ建築物・工作物の配置、高さ、色彩などの基準を設けた。多賀城市は4地区で史跡周辺を中心に、「歴史的風致維持向上計画」と連動させた景観計画を今年度中に策定の方針だ。

|

2014/10/10

自然景観と調和、「滝見橋」がグッドデザイン賞 (2014/10/09) 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20141008-OYT8T50155.html?from=ytop_ymag

 世界文化遺産・富士山の構成資産の一つ「白糸ノ滝」(静岡県富士宮市上井出)を見渡せる橋として昨年12月に完成した「滝見橋」が、今年度の「グッドデザイン賞」を受賞した。

 滝つぼ付近の景観になじむよう設計したデザインは、審査した日本デザイン振興会(東京)に「シンプルなシルエットが周辺の自然景観と調和している」と評価された。

 滝見橋は全長39メートル、幅2・5メートルのコンクリート橋で、両岸の橋脚をアーチ型に結んだデザインが特徴だ。富士山の世界文化遺産登録を目指し、滝つぼ周辺の整備を行うなか、老朽化した古い橋を架け替える形で建設が始まった。

 ただ、設計には景観を損ねないようにする工夫が求められた。2004年に世界文化遺産に登録されたドイツのエルベ渓谷が、橋が架かったことで登録を取り消された例もあるためだ。

 市は設計にあたり、地形の変更を最小限に抑え、耐久性を持たせることに重点を置いたという。橋の機能より、「滝の展望台」という発想のもとデザインした。

 今年度、グッドデザイン賞に選ばれたのは3601件の審査対象 のうち、1258件。滝見橋は「公共用の空間・建築・施設」の部門で受賞した。富士宮市は受賞を受け、「大変喜ばしい。今後も適切に整備を行い、訪れる人 にとって快適な場所であるよう努めたい」と意気込んでいる。(写真あり)

|

2014/10/07

菅浦の湖岸集落を選定 国の重要文化的景観 (2014/10/07) 中日新聞

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20141007/CK2014100702000007.html

 長浜市西浅井町の「菅浦の湖岸集落景観」が六日、国の重要文化的景観に選定された。国の文化審議会が六月、文部科学大臣に答申していた。文化的景観の選定は県内で五件目、同市では初めてとなる。

 菅浦は琵琶湖最北部の葛籠(つづら)尾崎西側に位置し、独特の歴史と文化を残す地域。中世には「惣」と呼ばれる自治組織が発達し、現在も緩やかに 変容しながらその伝統を継承する。鎌倉~江戸時代の動向を伝える「菅浦文書」は村のおきてなどを伝え、貴重な資料となっている。

 文化的景観に選定された範囲は、陸地と湖沼を合わせた一五六八・四ヘクタール。集落の東西に残り、十五~十六世紀の設置とされるかやぶきの門「四足門(しそくもん)」や須賀神社など七十六件を含む。

 菅浦の歴史文化の継承と文化的景観の保全に取り組む住民組織「菅浦『惣村』の会」代表の島田均さん(64)は「やっと認定してもらいほっとしている。長かった。古文書が多く残り、独特の文化で歩んできたことが評価されたと思う」と喜びを語った。(写真あり)

|

景観賞に100万人のキャンドル (2014/10/06) 福井新聞

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/54812.html

 福井市は6日、市内の景観づくりに貢献している建物や取り組みを表彰する「市景観賞2014」の入賞作品を発表した。槇山公園(栃泉町)と、護国神社の「100万人のキャンドルナイトinふくい」(文京2丁目)が風景部門賞に選ばれた。まちなみ部門の部門賞はなかった。

 建物やライトアップなどを対象にしたまちなみ部門に42件、住民によって守られている田園や里山、明かりの催しなどが対象の風景部門に21件の応募があった。

 槇山公園は、住民でつくる「槇山を育てる会」が本来の山の自然を生かしながら花木を植栽。散策路の整備や清掃活動を地道に続け、単に美しく整備された公園とは違うぬくもりが感じられることが高い評価を得た。

 100万人のキャンドルナイトは、平和を祈り自然への感謝を込めた光の催しが10年にわたり受け継がれ、子どもたちが広域から集まりキャンドル作りに取り組んでいることなどが注目された。

 まちなみ部門の奨励賞には高桑印刷株式会社(文京1丁目)が選ばれた。外壁の白や階段の木、開放的なガラス窓といったシンプルな色彩、素材を組み合わせ、圧倒的な造形をつくり出した。

 特別賞として初めて設けた県建築士会長賞、県造園協会長賞はともにイタリア料理レストラン「リストランテカシーナ」(文京1丁目)が受賞した。

 市景観賞は前身の市都市景観賞を含め22回目を数えるが、これまで大賞はない。市役所での表彰式で選考委員長の白井秀和福井大大学院教授は「いよいよ来年は、と期待を抱かせるインパクトがあった」と講評した。

 入賞作品のパネル展が10日まで、市役所で行われる。その後、市まちづくりセンター「ふく+(たす)」、県産業会館、みどり図書館を巡回する。(写真あり)

|

2014/10/06

意匠と景観の活性化策 (2014/10/03) タウンニュース

http://www.townnews.co.jp/0202/2014/10/03/253902.html

 第17回大山街道アクションフォーラムが10月4日(土)、にこぷら新地(二子2の6の47)で開催される。午後5時半〜8時半。入場無料。

 同フォーラムは地域や行政、大学が連携し、大山街道界わいの活性化に取り組んでいる。今回は「マンションの建設が進み、歴史ある建物が失われてゆく高津 大山街道に、少しでも往時の風情を取り戻したい」と「デザインと景観から考える高津大山街道に未来とは?」をテーマに開かれる。

 当日はワークショップ形式で街道の軒先に掲げる太鼓幕(日除け暖簾)のデザインを製作(午前11時〜・見学自由)。その成果発表とパネルディスカッションがフォーラムで行われる。

 パネリストは次の通り(敬称略)。▽岡田味佳=ロンドンと東京に拠点を持つ多国籍なデザインチーム「FRUITMACHINE」日本支部長▽藤本あや= デザイナー・プロデューサー、KULUSKA所属▽的場敏行=株式会社NENGO代表取締役社長▽泉山塁威=明治大学理工学部建築学科助手

 問い合わせは区役所地域振興課【電話】044・861・3134へ。

|

2014/10/03

本巣市景観計画(素案)に意見募集 (2014/10/02) 建通新聞

http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/141001300069.html

 2012年2月に景観行政団体となった本巣市は、景観計画の素案を取りまとめて公表した。15日まで市民意見を募集しており、寄せられた意見を反映させて計画策定する。

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »