« 良好な景観形成へ新計画静岡県が初の庁内会議 (2016/06/17) @S[アットエス] by 静岡新聞 | トップページ | 景観条例きょう施行 城下町を「重点地区」に 竹田市 NEW! (2016/07/01) 大分合同新聞 »

2016/06/24

まちづくり事業 籠田総門復元など19計画 家康生誕の地、全国に発信へ /愛知 (2016/06/23) 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160623/ddl/k23/010/314000c

     岡崎市は今年度から10年間の計画で、徳川家康生誕の地を全国に発信するためのまちづくり事業を国の支援を受けて進める。同市が歴史まちづくり法に基づ き申請していた「歴史的風致維持向上計画」が先月、国に認定された。同法に基づく認定は県内では犬山市、名古屋市に次ぎ3番目。

     計画では、岡崎城跡をはじめ徳川家ゆかりの寺社▽東海道沿いのまちなみや祭り▽八丁みそ造りの蔵並みや地場産業の営み▽市南部の稲作儀礼、など7項目を 維持、向上すべき対象と位置づけている。具体的には19事業を計画。家康生誕の地を観光資源にも活用するため、史実に基づいて、籠田総門をはじめ城跡周辺 の各種の門を復元する。来訪者の多い場所は観光ルートを整備し案内板を設置するほか、景観を妨げる電線の埋設も進める。

|

« 良好な景観形成へ新計画静岡県が初の庁内会議 (2016/06/17) @S[アットエス] by 静岡新聞 | トップページ | 景観条例きょう施行 城下町を「重点地区」に 竹田市 NEW! (2016/07/01) 大分合同新聞 »