« 景観条例きょう施行 城下町を「重点地区」に 竹田市 NEW! (2016/07/01) 大分合同新聞 | トップページ | 城下町の景観に配慮 篠山市、電線類の地中化検討 (2016/07/01) 神戸新聞 »

2016/07/01

大館の歴史まちづくり計画に助言 省庁担当者が現地視察 (2016/06/30) 秋田魁新報

http://www.sakigake.jp/news/article/20160630AK0011/

 歴史的景観を生かしたまちづくりを図る「歴史的風致維持向上計画」を策定中の秋田県大館市で29日、文化庁、農林水産省、国土交通省の担当者ら計6人が2日間の日程で現地視察を始めた。市は各担当者の意見や指摘を計画に反映させ、年度内にまとめる。

 市は昨年6月、大館城跡の桂城公園のほか、大館八幡神社(同市字八幡)や大日神社(同市比内町)といった建造物を活用する計画の策定に着手した。計画が認定されれば、復元や維持の費用について、国から支援を受けることができる。これまで県内で認定された例はない。(写真あり)

|

« 景観条例きょう施行 城下町を「重点地区」に 竹田市 NEW! (2016/07/01) 大分合同新聞 | トップページ | 城下町の景観に配慮 篠山市、電線類の地中化検討 (2016/07/01) 神戸新聞 »