« 茶屋街の景観守る「まちづくり協定」見直し(石川県) (2016/10/27) 日テレNEWS24 | トップページ | 街並み事業費 住民負担課題…磐梯町 (2016/10/29) 読売新聞 »

2016/10/31

家屋の冬支度 お手伝い 輪島・大沢町 間垣補修 (2016/10/30) 中日新聞

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20161030/CK2016103002000057.html

 日本海の強風から家を守る「間垣」の補修作業が二十九日、国の重要文化的景観(重文景観)に選定されている輪島市大沢町であった。県内から約三十人のボランティアが参加して、住民と一緒に風よけとなる新しい竹を差し込んだ。(山本義久)

 維持保存には大勢の協力が不可欠の状況で、同市大沢町では毎年、金沢大の学生の協力を得て、補修作業をしてきた。昨秋、大沢町と同市上大沢町が重文景観に選定されたことを受け、市文化課は今年、市による交通費助成を設けて学生に限らず幅広くボランティアを募集した。

 金沢大、県立大のほか金沢市立工業高校建築科の生徒、金沢市の家族連れらが参加。生徒らははしごに乗り、長さ約五メートルのニガタケを差し込んだ。金沢工高三年の若岡奈央さん(17)は「歴史的な建築物が好きなので関心があった。来年から左官の仕事に就くので、今日の体験が役立つこともあるかもしれない」と話していた。

 市文化課の担当者は「今回のボランティアによる取り組みをきっかけに、幅広い人材を呼び寄せて作業を助けるサポートバンクの設置につなげたい」としている。(写真あり)

|

« 茶屋街の景観守る「まちづくり協定」見直し(石川県) (2016/10/27) 日テレNEWS24 | トップページ | 街並み事業費 住民負担課題…磐梯町 (2016/10/29) 読売新聞 »