« 街並み事業費 住民負担課題…磐梯町 (2016/10/29) 読売新聞 | トップページ | <史都再興>南門復元で観光交流を (2016/11/01) 河北新報 »

2016/11/01

「1・5流」観光地を一流に…景観整備へ補助金 (2016/10/31) 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161029-OYT1T50083.html

 政府は、2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせ、地方の観光地の景観を整備する方針を固めた。

 対象として想定しているのは、城下町や宿場町など日本らしい魅力を海外に発信できる観光スポットで、外国人観光客を地方に呼び込む狙いがある。海外での知名度からいえば、あまり知られていない「1・5流」の観光地を掘り起こし、京都のような「一流」の名所に育てることを目指す。

 国土交通省が17年度から、景観整備を行う市町村に対する補助事業として行う。今冬にも公募を通じて、全国10~20か所の「観光景観モデル地区」を指定。17年度予算に30億円を計上し、事業規模は17~19年度の3年間で計90億円としたい考えだ。自治体には、年1億~2億円の補助金を支給することで調整している。(図あり)

|

« 街並み事業費 住民負担課題…磐梯町 (2016/10/29) 読売新聞 | トップページ | <史都再興>南門復元で観光交流を (2016/11/01) 河北新報 »