« 舟屋の趣守る 広告規制 屋外禁止も視野 条例案提出へ (2016/11/17) 読売新聞 | トップページ | 柏崎市、インスタグラム活用 県内自治体で初 美しい景観発信 (2016/11/18) 日本経済新聞 »

2016/11/17

「景観に配慮を」 熱海の観光団体が津波対策で市に要望 /静岡 (2016/11/16) 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20161116/ddl/k22/040/293000c

 熱海商工会議所(内田進会頭)、熱海市ホテル旅館協同組合連合会(目黒俊男理事長)、同市観光協会連合会(中島幹雄会長)の3団体が15日、地震・津波対策について斉藤栄市長に要望書を提出。自然の恩恵で発展した熱海の歴史や特性を考慮し、防潮堤を整備する場合は景観に配慮し生活や観光にも活用できるものにすることなどを求めた。

     県が市内6地区に「津波対策地区協議会」を設けて地元と協議を進める防潮堤のかさ上げについて、伊豆山地区と初島はかさ上げを行わない方針だが、市中心部などの地区では、高さや設置の可否の意見がまとまっていない。

     斉藤市長は「市のスタンスはまず避難路整備などソフト対策だ」とし、今年度中に津波避難計画を策定すると説明。防潮堤かさ上げは「観光業界には死活問題と思う」として「仮に造る場合でも単なる壁ではなく、歩道面を高くするなど景観に最大の配慮をするよう県に強く要望していく」と述べた。



ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161116/ddl/k22/040/293000c#csidx809de6b76e7d21391b450dfc18234d4
Copyright 毎日新聞

 熱海商工会議所(内田進会頭)、熱海市ホテル旅館協同組合連合会(目黒俊男理事長)、同市観光協会連合会(中島幹雄会長)の3団体が15日、地震・津波対策について斉藤栄市長に要望書を提出。自然の恩恵で発展した熱海の歴史や特性を考慮し、防潮堤を整備する場合は景観に配慮し生活や観光にも活用できるものにすることなどを求めた。

 県が市内6地区に「津波対策地区協議会」を設けて地元と協議を進める防潮堤のかさ上げについて、伊豆山地区と初島はかさ上げを行わない方針だが、市中心部などの地区では、高さや設置の可否の意見がまとまっていない。

 斉藤市長は「市のスタンスはまず避難路整備などソフト対策だ」とし、今年度中に津波避難計画を策定すると説明。防潮堤かさ上げは「観光業界には死活問題と思う」として「仮に造る場合でも単なる壁ではなく、歩道面を高くするなど景観に最大の配慮をするよう県に強く要望していく」と述べた。(写真あり)

 熱海商工会議所(内田進会頭)、熱海市ホテル旅館協同組合連合会(目黒俊男理事長)、同市観光協会連合会(中島幹雄会長)の3団体が15日、地震・津波対策について斉藤栄市長に要望書を提出。自然の恩恵で発展した熱海の歴史や特性を考慮し、防潮堤を整備する場合は景観に配慮し生活や観光にも活用できるものにすることなどを求めた。

     県が市内6地区に「津波対策地区協議会」を設けて地元と協議を進める防潮堤のかさ上げについて、伊豆山地区と初島はかさ上げを行わない方針だが、市中心部などの地区では、高さや設置の可否の意見がまとまっていない。

     斉藤市長は「市のスタンスはまず避難路整備などソフト対策だ」とし、今年度中に津波避難計画を策定すると説明。防潮堤かさ上げは「観光業界には死活問題と思う」として「仮に造る場合でも単なる壁ではなく、歩道面を高くするなど景観に最大の配慮をするよう県に強く要望していく」と述べた。【梁川淑広】



ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161116/ddl/k22/040/293000c#csidxcbcd291784e22e199af6213872ace64
Copyright 毎日新聞

|

« 舟屋の趣守る 広告規制 屋外禁止も視野 条例案提出へ (2016/11/17) 読売新聞 | トップページ | 柏崎市、インスタグラム活用 県内自治体で初 美しい景観発信 (2016/11/18) 日本経済新聞 »