« 佐渡金銀山周辺 景観の保存考える 新潟中央区で専門家会議 (2016/12/13) 新潟日報 | トップページ | 落書き防止や景観向上に「配電箱アート」 (2016/12/18) 読売新聞 »

2016/12/15

高石市、立地適正化計画案で主要駅中心まちづくり推進 (2016/12/14) 日刊建産速報社

http://www.ken-san.com/article/view/4410

 高石市は、人口減少・少子高齢化のもと、安心できる健康で快適な生活環境の実現や、持続可能な都市経営を可能とすることが大きな課題とし、都市計画法を中心とした従来の土地利用の計画に加えて、立地適正化計画による居住機能や都市機能の誘導により、コンパクトシティに向けた取組みを推進するため、「立地適正化計画(案)」をとりまとめた。
 立地適正化計画の基本方針は、3つの主要駅(高石・羽衣・富木駅)を中心とした、歩いて暮らせるまちづくりの推進―とし、①地域の特性を踏まえた都市核の形成=周辺市町との連携・役割分担や、既存施設との整合を図り、3つの主要駅を中心とする地域の特性を踏まえた都市機能の誘導。中心的な都市機能の設定は、子育て世代や高齢者世代が魅力を感じる施設、両世代をはじめとする多世代間の交流ができるような施設を誘導▽駅を中心とした居住地域の維持=ハード・ソフト両面からの対策を図り、また地域の安全性に配慮して主要3駅を拠点とした利便性の高い住環境を維持▽健幸のまちを目指した、歩いて暮らせるまちづくり=コンパクトな市域という特性を活かし、生活サービス施設を徒歩圏に配置し、既存の公共交通網を維持することなどで歩いて暮らせるまちづくりを推進する。
 誘導施設は、居住者の共同の福祉や利便性の向上を図るために必要な施設であって、都市機能誘導区域ごとに立地を誘導する施設。今後重要となる機能や施設を検討しており、不足している施設を誘導施設として設定するのではなく、既存施設のリニューアルも含めて魅力ある施設を充実させていくことを目的として、「今後重要となる機能や施設」の全てを駅周辺に集約するよりも、「集約が望ましい施設」と「分散が望ましい施設(主に生活サービス施設)」に区分し、集約が望ましい施設の全てを主要3駅周辺に設定するのではなく、市の魅力を高めることができるように地域の特色を活かすことのできる施設を駅ごとに設定する。
 【高石駅周辺】▽文化・芸術等を学べる生涯学習交流施設=生涯学習における相互交流を目的とし、地域住民が利用できる多目的室・集会場機能を備える総合型多目的施設および図書館を都市再生特別措置法に規定する誘導施設とする。また、生涯学習における更なる交流を目的とし、健康増進施設の誘導を検討。浜寺水路沿いの区域は生涯学習交流区域(市独自の区域)とし、臨港地区が含まれていることを考慮し、施設の維持や未利用地の有効活用について検討する。
 【羽衣駅周辺】▽教育・子育て支援等の交流施設=乳児又は幼児及びその保護者が相互の交流を行う場所を開設し、子育てについての相談、情報の提供、助言、その他の援助を行う地域子育て支援拠点事業を実施する施設を特措法に規定する誘導施設とする。また、教育サービス機能の更なる提供を目的とし、学生の交流施設等の誘導を検討する。
 【富木駅周辺】▽大学と連携した世代間交流等を促す福祉交流施設=地域住民の相互交流を目的とし、都市活動を支えるコミュニティ施設(100㎡以上のコミュニティスペースを有すもの)に高齢者が医療・介護を受けることのできる施設を有する施設を特措法に規定する誘導施設とする。また、教育サービス機能の更なる提供や、近隣住民の更なる交流を目的とし、学生や地域住民の交流施設等についても誘導を検討する。

|

« 佐渡金銀山周辺 景観の保存考える 新潟中央区で専門家会議 (2016/12/13) 新潟日報 | トップページ | 落書き防止や景観向上に「配電箱アート」 (2016/12/18) 読売新聞 »