« 「氷柱」って何色?=景観色の魅力発信-北海道の自然取り入れ・札幌 (2017/01/23) 時事通信 | トップページ | 和歌山県も「太陽光発電施設の設置ガイドライン(案)」発表 意見募集中 (2017/01/23) 環境ビジネスオンライン »

2017/01/23

JR3駅周辺に都市機能誘導 下野市が「立地適正化計画」素案 (2017/01/22) 下野新聞

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20170122/2578259

 【下野】人口密度の維持とコンパクトシティー化の促進を目指す市は、市内のJR3駅周辺に医療や商業、子育て支援などの都市機能を誘導する「立地適正化計画」の素案を策定し、このほど公表した。2016年度に「都市機能誘導区域」を設定し、17、18年度に居住誘導区域設定を含めた計画全体を策定する方針。今月31日まで市民から意見を募るパブリックコメントを実施している。

 同計画は改正都市再生特別措置法に基づいた制度で、計画と支援措置が一体となっているのが特徴。人口密度を維持する「居住誘導区域」、その中に病院や介護施設などを誘導する「都市機能誘導区域」を設定し、都市全域を見渡したマスタープラン(基本計画)となっている。

 都市機能誘導区域は、JR自治医大、石橋、小金井の各駅周辺を設定した。自治医大駅は市中央部に位置。昨年完成した市役所新庁舎に近くにあり、駅周辺には健康・医療・商業施設が集積している。今後は福祉施設を誘導し、石橋駅、小金井駅周辺地区と連携を図る。

|

« 「氷柱」って何色?=景観色の魅力発信-北海道の自然取り入れ・札幌 (2017/01/23) 時事通信 | トップページ | 和歌山県も「太陽光発電施設の設置ガイドライン(案)」発表 意見募集中 (2017/01/23) 環境ビジネスオンライン »