« 大賞にリニューアルの水上公園 広告賞は電柱歴史案内板の企画 /福岡 (2017/02/25) 毎日新聞 | トップページ | 輝け「夜のアゲハチョウ」夜景保護へ (2017/02/27) 河北新報 »

2017/02/27

伊豆「眺望景観」認定へ 静岡県、観光振興向け新制度 (2017/02/25) @S[アットエス] by 静岡新聞

http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/332641.html

 静岡県は24日、伊豆半島を象徴する「眺望景観」を認定して情報発信する制度を新たに設け、観光振興を進める方針を明らかにした。3月下旬に決定する「伊豆半島景観形成行動計画」に盛り込む。同計画に関する有識者会議で説明した。
 行動計画は「魅力的な沿道景観」「美しい眺望景観」「個性豊かな愛着を持てる地域景観」を基本方針に据え、関係機関の施策などを定める。計画案によると、眺望景観の認定は、県と地元13市町などでつくる伊豆半島景観協議会が実施主体になる。美しい伊豆創造センター、伊豆半島ジオパーク推進協議会などが情報発信を担う。
 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて17年度に仕組みや認定要件を検討し、18年度から認定を進める。中長期的に観光振興に活用してブランド価値を高める狙い。
 有識者会議に対し、県は観光施設整備補助金の市町への交付について、「観光地エリア景観計画」の作成を条件にするよう見直す方針も示した。個別の施設整備ではなく、景観面を踏まえた面的な整備を支援するためで、18年度の導入に向けて検討するとした。
 伊豆半島では計50カ所についてエリア景観計画を作る予定。細野高原(東伊豆町)、堂ケ島(西伊豆町)、ペリーロードを核とした開国の港町(下田市)、箱根西麓三島野菜の畑景観(三島市)-など、13市町が既に1カ所ずつ先行して作成している。

|

« 大賞にリニューアルの水上公園 広告賞は電柱歴史案内板の企画 /福岡 (2017/02/25) 毎日新聞 | トップページ | 輝け「夜のアゲハチョウ」夜景保護へ (2017/02/27) 河北新報 »