« 輝け「夜のアゲハチョウ」夜景保護へ (2017/02/27) 河北新報 | トップページ

2017/03/02

「沼田城」初の景観調査 ドローンと風船使う (2017/03/02) 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201703/CK2017030202000178.html

 沼田市観光協会(平井良明会長)と市民団体「天空の城下町沼田城を造る会」(大島崇行会長)は、沼田城の五層天守閣があった場所と伝えられている沼田公園内の一角で、小型無人機ドローンと風船を使い、初の景観調査を行った。

 沼田が舞台の一つになった昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送終了に伴う観光客の減少を少しでも抑えるとともに、城再建の機運を盛り上げるのが狙い。周辺から天守がどのように見えていたのかや、天守閣から城下周辺がどのように見渡せたかを探った。

 直径約六十センチの色違いの風船を、城絵図や古文書に伝わる天守閣の高さ約三十一メートルと、城主らが天守閣最上階から城下を眺めた高さと推定される約二十五メートルまで揚げた。造る会会員らが市内外の二十数カ所から風船の見え方を調べた。

 造る会によると、中心市街地の数カ所や同公園を見上げる形となる沼田駅跨線橋(こせんきょう)、利根川対岸の同市川田地区、沼田市街地を望む関越自動車道の昭和インター付近などから風船を確認した画像メールが事務局に届いた。

 また、公園上空に飛ばしたドローンから動画も撮影。関係者や市民が、大型モニターに映る公園を中心にした三百六十度の映像に見入り、天守閣が健在だった往時に思いをはせていた。(写真あり)

|

« 輝け「夜のアゲハチョウ」夜景保護へ (2017/02/27) 河北新報 | トップページ